基本方針
・和文と英文を比較して考える
・和文和訳
 
[A] あとで折り返しトムに電話をさせましょうか。
Would you ( 30 ) ( ) ( ) ( 31 ) ( ) ( ) you back later?
 
1. 和文と英文のSが違う
2. あなたは望みますか。私に〜。で考える。
3. want to=would like to
4. want 人 to=would like 人 to
パーツ①
Would you like me to〜?
5. あなたは私に望むか。トムに電話させることを。
→使役やん。have 人 原形
パーツ②
have Tom call
 
☆Would you like me to have Tom call you back later?
 
ア.call
イ.have
ウ.like
エ.me
オ.to
カ.Tom
 
 
[B] 夫が日曜日に家事をすることをオリビアが当てにするのは無駄だった。
It was ( 32 ) ( ) ( ) ( ) ( 33 ) ( ) expect her husband to do housework on Sundays.
 
1. それは無駄である。
→It was no use〜.
パーツ①
It was no use for Olivia to V
2. あれ?of?もしかしてfor?
→It was of no use for Olivia to Vか!だる!
※(覚)It is no use -ing
→~しても無駄だ、~しても役に立たない
→-ingがポイント。今回はない。
 
☆It was of no use for Olivia to expect her husband to do housework on Sundays.
 
ア.for
イ.no
ウ.of
エ.Olivia
オ.to
カ.use
 
 
[C] 次の電車を待つ以外に選択肢があるなんて,彼らは夢にも思わなかった。
Never ( 34 ) ( ) ( ) ( ) ( 35 ) ( ) another option but to wait for the next train to come.
 
1. 文頭のnever(強い否定)で倒置かな。
→肯定文で考えよう
彼らは〜を夢にも思わなかった。
パーツ①
They never dreamed of〜
パーツ②
there is another option but〜
→but〜以外の選択肢がある
 
アとオの扱いむずすぎやろ。なんじゃこりゃ。
※there is ~「~がある」のisをbeingにしただけ
 
☆Never did they dream of there being another option but to wait for the next train to come.
 
ア.being
イ.did
ウ.dream
エ.of
オ.there
カ.they
 
 
[D] その作家の最新の本は,前作のおよそ2倍の長さである。
The author’s newest book is ( 36 ) ( ) ( 37 ) ( ) ( ) ( ) previous one.
1. A is about twice longer than B.
→で許してくれ...るはずもない選択肢...
パーツ①
The author’s newest book is about twice the length of her previous one.
→おお、パーツどころか、これでいけるやん!ってなるよね。ほんまにいけてんか?いけてるやんけ!
パーツ①が正解!
 
twice the size of, twice the length
もしかして、theの扱いが難しかった問題...?
 
ア.about
イ.her
ウ.length
エ.of
オ.the
カ.twice